双峰設備様ホームページ制作

2014年4月28日(月)

県北で最大の管工事会社である双峰設備株式会社様のホームページを制作しました。

現在の社長は時代を見据えた人材育成と人材確保を重視していることから、ホームページについてもリクルートを強く意識したものにしたいというリクエストでした。

本来であれば会社案内および業務実績とリクルートは分けて考えた方がシンプルでいいのですが、サイトを2つ運営するのも負担になるため、1つのサイトで両方の目的を果たせるよう設計しています。

 双峰設備さまのサイトはこちら » http://soho-corp.com/

written by イチロー@広告のアクセス

 

 

建築会社様のブランドサイト制作

2014年1月17日(金)

以前、本社サイトを制作させていただいた白石建設さま(長崎県平戸市)。今回、佐世保地区で展開されているASJ(建築家ネットワーク-ASJ-アーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社)ブランドのブランドサイトの制作を行いました。

本社サイトのシステムを踏襲することで導入コストを下げつつ、デザインはターゲットとする顧客に向けたものとしました。

 

written by イチロー@広告のアクセス

 

 

介護複合施設ホームページグランドオープン

2013年11月28日(木)

以前プレオープンをお知らせした介護複合施設ふくろ様のホームページが軍乱土オープンしました。

当初トップページとお問合せ、会社概要程度のものでしたが、グランドオープンにあたり提供するサービスをすべて網羅したホームページとして公開しました。

 

written by イチロー@広告のアクセス

 

 

建築設計事務所のホームページ/その2

2013年11月18日(月)

株式会社 小井手設計さま(本社:佐世保市福石町)のホームページ制作と同時に進めたLPOページのご紹介です。

 

そもそもホームページ制作のご依頼の意図としてあったのが「ホームページで設計業務を紹介するだけでなく、最近需要が増えている《中古住宅適合証明業務》や《定期報告業務》でも広く集客したい」というものでした。

しかしそれらは業務内容だけでなく、集客すべきターゲットが全く異なります。そのため同一ホームページ内にコンテンツをまとめてしまっては、

『訪れた方に適切な情報を提供できない=せっかく訪問いただいた方が離脱してしまう』『検索エンジンに対しても良い影響を与えない』

という問題がありました。

そういった問題を回避し、きちんと集客していくために設計業務を本サイトと位置づけ、中古住宅適合業務及び定期報告業務については集客からクロージングまで一気通貫でもっていくことを目的としたLPOページを別途設計・制作することとしました。

ページ制作にあたっては、会社の持つ強みを明確に表現しつつ、依頼すべきかどうか悩んでいる方の悩みをつぶしていくよう設計しています。もちろんLPOページだけでなくリスティング広告出稿も同時に行い、集客を計っています。

 

小井手設計さまのホームページはこちら »  http://www.koide-arch.com/

written by イチロー@広告のアクセス

 

 

木造住宅のための新ブランドサイト制作

2013年11月14日(木)

タクミホーム株式会社さまの新ブランドサイト「木造の家」を制作いたしました。

タクミホーム様はは従来RC工法による家作りをメインに展開されていました。しかし近年、増えている木造住宅への需要に対応するためにホームページを新たに制作したものです。

システムはいつも通りWordPress。社内で実績を追加しやすいよう、オーソドックスな構成・デザインとなっております。

木造サイトはこちら >> http://www.takumi-home.co.jp/rc

 

written by イチロー@アクセス

 

 

米海軍さん向けマンションのホームページ

2013年11月8日(金)

留米軍専用賃貸マンション「フリート赤崎」のホームページをリニューアル制作しました。

フリート赤崎 マンションシリーズⅠ、Ⅱ、Ⅲそれぞれを管理・運営する株式会社エムエイシィさまは、駐留米海軍軍人、軍属とその家族が本国と同等の暮らしができる住宅を開発・供給しています。

今回のリニューアルは、完全2カ国語対応(日本語英語)をベースに、

マンション周辺環境情報や、コミュニティページ、ブログ、運営会社情報などを追加

さらに、各マンションシリーズのフロアプランや設備など詳細情報を加え、

楽しい新生活のイメージをしていただけるような、充実の内容となりました。


フリート赤崎 マンションシリーズは、4棟目となる「フリート赤崎Ⅳ」の完成を間近に控えています。

 

written by 山田

建築設計事務所のホームページ/その1

2013年10月31日(木)

佐世保で設計一筋ウン十年。先代、現社長、そして三代目も事務所に鎮座まします株式会社 小井手設計さま(本社:佐世保市福石町)のホームページを制作致しました。

弊社に依頼されたきっかけは単なる会社案内的なホームページ制作ではなく、「ある依頼」が定期的に来ているために、その「ある依頼」に対する対応を強化するためにホームページを制作したいということでした。

 

その「ある依頼」とは「中古住宅適合証明 」と「定期報告業務」。わかる人にはわかる、わからない方には何のことやらさっぱり、というものです。

 

社長とうちあわせるなかで出てきたリクエストは

・上記の理由があるにせよ、まずはホームページがないので作りたい

・もちろん「ある依頼」にもきちんと対応できるものにしたい

・できれば「ある依頼」をもっと拡充していきたい

というものでした。

 

ここで検討すべき大きなポイント、それは

本業である建築設計と「中古住宅適合証明」、そして「定期報告業務」のお客様は全く重複しないということです。つまり検索エンジンからで建築設計というキーワード経由でホームページにたどり着いた方は「中古住宅適合証明」にも「定期報告業務」にも興味がありません。逆も然りです。

 

ということは目的がはっきりしている方に対して、不要なメッセージを投げかけるのは無駄だということです。そういった理由から、ホームページは本業である建築設計をメインテーマに構築し、「中古住宅適合証明」と「定期報告業務」については1ページ完結型のLPO施策+リスティング広告でいく戦略を提案しました。

 

LPOについてのご紹介は後日改めて。ここではメインサイトとなる建築設計のサイトをご紹介します。

 

written by イチロー@広告のアクセス

 

 

おがわのリノベ/ホームページグランドオープン

2013年8月21日(水)

先日プレオープンをお知らせした、中古マンションのリノベーションを専門に行う「おがわのリノベ」様のホームページの本公開を行いました。

繰り返しになりますが「おがわのリノベ」は(株)小川工務店さまが今回新しく展開するブランドです。プレオープンでのティザー的な内容に対し、本公開では中古マンションのリノベーションという新しい住まい購入のカタチに対しての各種疑問にきちんと情報提供できる内容となっています。

プレオープンからあまり時間がないなかでの制作でしたが、スタッフが頑張ってオープニングイベント(完成内覧会)に間に合わせてくれました。(→オープニングイベントのチラシ事例はこちら

サイトはこちら >> http://www.ogawa-renove.com/ 

written by イチロー@アクセス

WordPress誕生から10年もなるんですね

2013年6月11日(火)

 

弊社のホームページの制作実績は、ほぼWordPressで構築されています。

 

私がお客様のホームページをワードプレスで制作していくようになったのは(実際プログラムをゴニョゴニョやっているのは私自身なわけがなくコーダーさんですけども)お客様自身による更新がもっと簡単にならないかと頭を悩ませて、いろいろ調べた結果です。

 

当時はワードプレスよりもMovable Type(ムーバブルタイプ)という同じようなCMSが全盛でした。ワードプレスはまだまだ少数派。ではなぜ関連書物や参考にできるサイトや情報も多かったムーバブルタイプではなくワードプレスを選択したのか。

答えは簡単。ムーバブルタイプが有料ライセンスだったのに対して、ワードプレスは無料ライセンスだったからです。そして無料で利用できるという部分に世の中の大多数の制作会社が目を付けて広まっていったのでしょう。

 

みんな悩みは同じだということです。(w

私が使い出したのは2008年くらい、バージョンは2.6.系からで、かれこれもう5年以上になります。その頃から較べるとすっかり洗練されたシステムになりました。

今年WordPressは10周年らしいです。いろいろお世話になりました。これからも宜しくです。

 

ワードプレスのこれまで、そして今後についての記事を見つけましたので興味がある方はぜひ。

10年目を迎えたWordPressの歴史と今後の展望(ブログヘラルドより)

 

イチロー@広告のアクセス

 

 

 

いよいよWEBも動画の時代が来ますかね

2013年6月3日(月)

衝撃的なタイトルです。

「テレビCMから動画広告へ予算のシフトが起こっている」

(マーケジンより)

 

乗り遅れないようにしなくちゃ

 

まぁ広告記事なんですけど、こういった動きが本格化してくれば下流にトレンドが流れてくるのも時間の問題かも知れません。

ただFlashが流行した時みたいに爆発的な動きにはならない気がします。それは、予算の問題ですね。

 

かんたんな作業くらいは社内で対応できるようにAdobe プレミアでも勉強しますか。いや、それはやめておこう(苦笑

 

written by イチロー@広告のアクセス

 

 

あいほん市場様ホームページ作成

2013年5月20日(月)

ロゴ制作でもご紹介したあいほん市場様(佐世保市戸尾町)のホームページを制作いたしました。

ホームページそのものは以前よりあったのですが、店舗を黒髪町から戸尾町へ移転されたのを機に、ホームページも一新されたいとのことで依頼を受けました。

顧客が基本的に若い方が多いということで、そのあたりに絞り込んだPOPなかつ遊びのあるデザインにしています。

システム的にはい修理メニューと機種ごとのiPhone、お客様の声の紐付けを行っており、煩雑な操作無しにそれらの情報を一元管理できます。つまり閲覧者は意識せずに自分のもつiPhoneの修理料金と、その修理を行った第三者のコメントを見ることができます。

また予約のプラグインを導入し、来店者を待たせない工夫もしました。

ホームページは見た目(デザイン)に目が行きがちですが、こういったシステムの設計をきちんとおこなうことで長く運用できます。

今やホームページの運用は、こういった部分にある程度の予算を割かないとライバルと差別化できない時代です。単にブログを更新するだけでなく、商品・サービス情報などをうまく更新できる仕組みを構築することがホームページで集客するコツのひとつです。

 

written by イチロー@広告のアクセス

 

 

ホームページリニューアル(ただしコーディング担当)

2013年1月11日(金)

弊社と親交のある伊万里の企画会社、カスタネットさんのホームページリニューアルのお手伝いをいたしました。

カスタネットさんが自社で企画・デザインしたものを、弊社でコーディングしています。

カスタネットの代表をつとめる中村社長と弊社山領とはもう20数年来のお付き合いです。私も中村社長のデザイン事務所時代から存じ上げています。あの頃はDTPの導入期で、Powermac8XXXシリーズが主力でしたね。中村社長がイラストレーターで行っていた作業を見て、事務所に戻ってPerforma588にインストールされていたクラリスワークスで同じ事をやろうとして「できないできない」と悩んでいたことが懐かしく思い出されます。ソフトが違えばできることも違うということすら理解できなかった牧歌的な時代です。

 

当時はインターネットなんてものもまだ普及していませんでした。というかパソコン通信の時代だったんじゃないですかね。時代は移り変わり、インターネットはもはや私たちの生活インフラです。ネットにつながらない生活は考えられません。(もしかして依存してる??)

ここ20年くらいの技術革新のスピードはどんどん速くなっています。それにつれホームページに求められる機能も複雑化しています。

あの当時(15年くらい前)ホームページは、誰でもホームページビルダーなどのツールを使えば「安く」「気軽に」始められるものでしたが、今は企画、デザイン、コーディング、そしてサーバ周りのエンジニアと、それぞれの領域でそれぞれのプロがきちんと関与するものへと変化しました。

そしてこれからホームページはどこへいくのでしょう。ウェアラブル、ビッグデータなどいろんな専門用語が飛び交いますが、インフラとしての地位を確立した今、ホームページを見ていることやネットに接続していることすら意識させないような環境が訪れるのではないかと思います。

テレビとの完全な融合もすぐ目の前です。そんな時代にあって、私たちがホームページに接する意識も変えていかなければならないのだろうと思います。なんか抽象的ですいません。

 

written by イチロー@広告のアクセス

広告のアクセス

あくせく通信