事業案内

CM & VIDEOのイメージ画像

CM & VIDEO

テレビ・ラジオの視聴スタイルの変化やインターネットの影響など、CMを取り巻く環境は変わっています。しかし出勤前や夕食時など、テレビやラジオの視聴が生活の中心にあるシーンはまだまだ多くあります。 私たちはCMが最大限の効果を発揮するよう、最適な企画をご提案します。


●実績紹介はこちら


RDCM

視覚に訴えるテレビコマーシャルに対して、ラジオCMは音声のみでメッセージを伝えるため「聴いて想像できる」表現が求められます。またラジオはテレビに比べてCM1本あたりの単価が安いことも魅力です。

VP・PR動画

会社案内、商品紹介、事業PRなどさまざまなシーンで動画に対するニーズが高まっています。時間の制約があるCMと異なり、VP(ビデオパッケージ)やPR動画は、必要に応じたストーリー、時間で企画します。制作した動画はDVD上映、ウェブ上で公開するほか、再編集してCMとして再利用することも可能です。

広告のトレンドが動画に移ってきていることには理由としてテレビの視聴スタイルの変化があります。特にスマートフォンを介したインターネット利用が多い10代〜20代には地上波ではなく、インターネットの動画が効果的です。

また最近新しく注目されているものとして「ブランデッドムービー」というものがあります。これは企業のブランディングやイメージアップを目的としたショートムービーです。この場合、商品名や企業名を表にはあえて出さずに、ストーリーにこだわった「作品」づくりが主になります。広告臭をなくすことで消費者の共感を呼びやすく、ファン獲得ににつながります。

TVCM

コマーシャル制作において私たちが大切にしていることは単純です。クライアントが伝えたいメッセージをきちんとユーザーに伝えること、それだけです。しかしテレビコマーシャルの15秒という制約の中で、インパクトとわかりやすさを兼ね備え、かつ記憶に残るメッセージを伝えるためには、アイデア、ビジュアル、音楽そしてキャストといった多くの要素に対する細かな配慮が必要です。
私たちは詳細なヒアリングを実施したうえで、メッセージを効果的に伝える企画をご提案します。

制作実績はこちら

トップへ